今月の旬魚たち

HOME

6月の旬魚NEW

6月に美味しい魚たち

ハモ

防府と言えばハモ、夏と言えばハモ 「梅雨の水を飲んで美味しくなる」とも言われる鱧のシーズンが到来しました。小骨も骨切して食べるのでカルシウム豊富、皮ごと食べるのでコラーゲンも豊富と栄養価も高いので、このグッタリする梅雨時期にピッタリのお魚です

ヒラマサ

ブリによく似ているお魚ですが、「冬の鰤、夏の平政」とも言われ旬は夏になります。このあたりでは ヒラソ とも呼びますね。鰤との見分け方は黄色の側線がはっきりしている、胸鰭が鰤に比べて短いなど微妙な感じですので、表示がない場合お店に聞くのが一番です(笑)

シマアジ

高級魚としてのイメージがあります。実際、天然物は漁獲量も少なく現在も高価ですが、最近は養殖技術も進歩しており、比較的お求めやすくそれがお店に並んでます。高級魚というだけあって旬の夏はやっぱりすごく美味しいお魚ですねー

マゴチ

こちらも白身魚の代表である「冬のヒラメ」に対して「夏のコチ」という地方もあるようです。見た目のゴツさからは想像できないくらいのキレイで上品な白身のお魚です。さばき方はちょっとコツが必要みたいですが、やっぱり新鮮なうちにお刺身でいただくのがこの時期はオススメです。

キス

釣りではこの時期昔から大変お馴染みの「キスゴ」です。大体の方が釣り上げても魚体があまり大きくないので、さばくのが面倒ですから焼きや揚げで食べると思います。でも、ちょっとコツを覚えて、三枚おろしが出来るようになったら、刺身や寿司ネタで食べるのがオススメです、さらにキスの新しい魅力に気づきますよー
 

5月の旬魚

5月に美味しい魚たち

イサキ

旬のイサキはまるまると太っている個体が多いので、ひとめで分かります。もちろん、脂の乗りも最高でお刺身でいただくと口の中でとろけるような味わいとなります。あとは焼き物にしても煮物にしてもとても美味しいお魚ですねー

マアナゴ

寿司ネタなどでおなじみの穴子です。マアナゴは瀬戸内海にも多く生息しています。美味しいのはもちろんですが結構栄養価も高いお魚で、免疫力を高めるビタミンAや悪玉コレステロールに効果のあるオレイン酸が多く含まれているそうです

キビナゴ

イワシに似ていますが、漢字で書くと「黍女子、黍魚子」と書きます。一般的には冬場が旬といわれていますが、この時期は子持ちとなり煮付や焼き物、揚げ物にすると非常に美味しくいただけますので旬といえます

ケンサキイカ

よく、刺身用として生きたケンサキイカが出回る時期は7月頃からですが、この時期は子持ちイカとなります。煮付などにすると非常に美味しいですね

サザエ

サザエはBBQなどでは主役となるので、夏によく見ますが春から夏にかけてが旬となります。もちろん、刺身、つぼ焼きなどの焼き物、サザエご飯などどれも美味しいですよねー
 

4月の旬魚NEW

4月に美味しいお魚など

カツオ

春のお魚と言えば「初鰹」をあげる方が結構多いと思います。初鰹とはこの時期に黒潮に乗って北上するカツオの事です。また逆にいわゆる「戻り鰹」とは秋に南下するカツオの事でトロカツオなどとも呼ばれますね。それぞれ特徴があってタタキにすれば大変美味しいですよねー

マテガイ

この貝の捕り方、ご存知の方も多いと思います。引き潮の砂浜で穴(色んな生物の穴がありますが、この貝の穴は一度経験すればすぐ分かるそうです)に食塩を入れるとひょこっと飛び出したところを素早く捕まえます。バター醤油で焼いたり、白ワインで蒸したり美味しい貝です

コウイカ

1月の旬魚にも登場したコウイカですが、この時期が最も漁獲量が多いとの事です。よく似ているモンゴウイカは初夏が旬となりますね。お刺身も天ぷらでも寿司ネタでもオールラウンドに美味しいイカです

マアジ

皆さんご存知の鯵です。一年中お手軽で美味しいイメージですが、実はこの時季から夏場にかけてが旬となります。すごくポピュラーなお魚ですが、やっぱり旬の脂の乗ったアジはどんな料理にしても美味しいですよねー

アイナメ

アイナメと聞いてピンとこない方もいらっしゃると思いますが、別名「籾種失い」と呼ぶ地方もあり、農家が大切な籾種を手放してでも、春のこのお魚は買うという謂れがあります。そのくらい旬のアイナメは美味しいのです。最近は漁獲量が少なくなりましたが、活きのいいアイナメを見かけたらお刺身なんかはかなりおススメです。
 

3月の旬魚

3月に美味しいお魚など

メバル

別名「春告魚」と言われ、この時季お馴染みのメバルです。調理法は煮付け、唐揚げなどが一般的ですが、新鮮なメバルはお刺身でも歯ごたえがよく美味しいです。煮付けなどの場合、内臓ごと煮る方が旨味がよりたくさん出るそうです。

サワラ

個人的には12月から1月のサワラが好みなのですが(笑)、このお魚も「鰆」と魚へんに春と書く通り3月からが旬とされています。皮目を炙った刺身や、西京焼きや幽庵焼きなどが有名ですね

ハマグリ

蛤は古くから縁起物として、お祝い事には欠かせない物でした。結婚式なんかでお吸い物などがよく出てた理由は、この貝が二枚の殻がピタリと合わさる所から「夫婦和合」の意味からだそうです。また、ひなまつりでもよくお吸い物を食べる習慣がありますよね

アオリイカ

イカの中でももっとも旨みが多いとされるアオリイカ(ミズイカと呼ぶ地域も)大きい物だと数キロにもなる個体もあるとか、それなのに寿命は1年から1年半とされています。成長速度が凄いですね~
もちろん、お刺身や寿司が最高ですが、炒め物や揚げ物でもとても美味しくいただけます

アカシタビラメ

アカシタビラメ(赤舌平目)は防府では「レンチョウ」と呼ばれ、この時期は水揚げも多いです。このお魚は身ばなれが良いため、煮付けや唐揚げが一般的ではありますが、ちょっと大きめの新鮮な個体だと、セゴシで作ったお刺身もかなり美味です。


 
 

2月の旬魚NEW

2月に美味しい旬のお魚など

マダイ


拡大


言わずと知れたお魚の王様、みんなが知っているお魚


有名なところでは春の桜時期の鯛を「桜鯛」秋の紅葉時期の鯛を「紅葉鯛」と言います

でも、さらにその前の2月 しっかり脂がのって個人的にはすごく美味しいと思います

 

シロウオ


拡大


漢字で書くと「素魚」となり、シラウオ「白魚」とは違います。

山口県の萩ではシロウオ祭りが例年2月に行われ(近年は新型コロナウイルスの影響で中止)

特に踊り食いなんかはもはやこの季節の風物詩ですね

 

イイダコ


拡大


約20センチ程度の小さなタコで、特にこの時期は頭(正確には胴体ですが)いっぱいに卵をもちます

またそれが米粒に見えるところからこの名前がついたという由来は有名ですね

少し甘辛く、お醤油で煮ると絶品です

 

カサゴ


拡大


波止場や消波ブロックなどでの釣りでおなじみのこのお魚、色々な旬の時期が言われていますが

冬から春という説を採用してます。まぁ、一年中美味しいお魚なんですけどね


大きいものはお刺身に、他には唐揚げ、煮物などに
 

マガキ


拡大

最後はカキです。こちらはもう何も説明は不要ですね


あえて「マガキ」としたのは、別種の「イワガキ」は旬が夏となり区別させていただきました

調理法も多種多様ですが、どう食べても美味しいのが牡蠣の凄いところです。

 
 

1月の旬魚NEW

1月に美味しい旬魚のご紹介

カワハギ


拡大



一般的には夏が旬とされてますが、このお魚は一年中美味しいです

ただ、肝が一番大きくなる時期が冬ということで、今回1月の旬魚にさせていただきました

肝をお醤油に溶いて刺身で食べるとたまりません
 

アンコウ


拡大


鍋料理や特徴ある風体で有名なアンコウも冬場が旬です

実は、山口県での水揚げは国内でもトップクラスなんです(特に下関)

さばき方も特徴があり、つるしてさばく という慣れた人の技術が必要です

コウイカ


拡大


他のケンサキイカやヤリイカは夏場が旬ですが、このコウイカは冬が旬です

身も肉厚で甘みがありとてもおいしいイカですね

よく似ている「モンゴウイカ(模様に特徴)」も冬が旬です

イシダイ


拡大


このお魚はこの時期にはあまり流通していません。なかなか獲れないらしいです

ただ、冬のイシダイは脂の乗りが凄くて食べて非常に美味しいです

ちょっと高価にはなりますが冬に見かけたらオススメですよー

クルマエビ


拡大


お正月料理に欠かせないクルマエビももちろん冬が旬です

水温が下がると、含まれている旨味成分が増えて美味しくなるとされています

夏場は焼くイメージが強いですが上記の理由で冬はお刺身がオススメです
 
 

 

 

 
 
Homeアクセスお問い合わせ